横浜銀行カードローン

地方銀行NO1のはまぎんが提供するカードローン。
実質年率 1.9% - 14.6%
遅延利率 年18.0%
無利息期間 なし
利用限度額 最高1000万円
審査時間 最短即日
即日キャッシング 可能(横浜銀行の口座を既に保有している方のみ)
申し込み資格
  • 20 - 69歳
  • 保証人 必要なし

    横浜銀行カードローンは通称浜銀と呼ばれる横浜銀行が提供するカードローン。

    金利は年1.9%から14.6%、最低借入額は10万円で最大借入額は1000万円ですから、他のメガバンクの提供するカードローンと変わらないレベルだと言えます。地方銀行の中でも総資産額が日本で1番である銀行ですので、カードローンもただの地方銀行のカードローンではなくレベルが高いものになっています。

    横浜銀行の口座をまだ持っていない方は、借り入れを行う前までに口座を開設する必要がある点には注意してください。

    横浜銀行カードローンの利用条件

    基本的な年齢制限などがあるのはもちろんですが、横浜銀行カードローンは地方銀行ですから、借り入れの際には地域的な制限も設けられています。

    それは、神奈川県、東京都、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市)に住んでいるか、勤め先があるか、です。いくら利用したくても上記の条件に当てはまらない方は残念ながら申し込みは出来ません(これらの地域外から申し込む人も少ないとは思いますが)。

    横浜銀行カードローンの借入方法

    横浜銀行カードローンで借り入れを行うには、ローンカードを用いて横浜銀行のATMやセブンイレブンやローソンなどの各種ATMから借り入れることが出来ます。

    インターネットから借り入れを行うには、横浜銀行のインターネットバンキングである、はまぎんマイダイレクトに申し込み&契約をしている必要があります。

    即日で借り入れを行うには?

    即日の場合、返済用口座に振り込む形になるので、既に横浜銀行の口座を保有している必要があります。

    持っていたとしても、何時までに申し込めば良いのかの時間が明記されていないため、お急ぎの方はできるだけ余裕を持って申し込んだほうがよいでしょう。最低でも午前中には申し込みを完了させて、審査結果を受けていなければ厳しいかと思います。

    また、保有していない方は口座を作って、カードの到着を待つので即日はムリだと考えて他のサービスを探したほうが良いかと思います。

    横浜銀行カードローンの返済方法

    横浜銀行カードローンの返済方法として、口座から前月の残高に応じた返済額を自動引き落としされる方法と、横浜銀行のATMや各種コンビニのATMから自動引き落としがされる方法があります(イオン銀行のATMは借り入れは可能ですが返済には使えないのでご注意ください)。


    横浜銀行カードローンの借入残高に応じた毎月の返済金額は他の銀行系カードローンと比べても低く抑えられています(表を参照)。

    と、いうことは、余裕が出来た月はまとめて返済しないと中々返済が終わらないということですのでご注意ください。

    比較対象として地方銀行2位の千葉銀行のカードローンは借入残高が50万円以下だったら返済額は1万円でそれ以下はありません。

    借入残高が少ない方は上手く使えば毎月の負担は減らすことが出来ますが、随時返済を活用しないと返済期限がかなり伸びてしまうカードローンだと言えます。

    借入残高返済額
    2千円-10万円以下2,000円
    20万円-30万円以下6,000円
    30万円-40万円以下8,000円
    40万円-50万円以下10,000円
    50万円-100万円以下15,000円
    150万円-200万円以下25,000円
    200万円-250万円以下30,000円
    250万円-300万円以下35,000円

    ※300万円超の場合は省略しています。最新の情報は横浜銀行の公式HPを確認して下さい。


    横浜銀行カードローンの金利の定められ方

    金利は借入限度額に応じて定められています。年利が最低で年1.9%となっていますが、それは借入限度額の枠が1000万円の方のみ。

    借入限度額が100万円以下の方は14.6%、100万円−200万円以下の方は11.8%・・・と審査された限度額によって決まってきます。


    上手く使えば便利で小田急線ユーザーの強い味方のカードローン

    横浜銀行カードローンのATMは都内の下北沢や新宿を含む小田急線の全ての駅に設置されています。そういった意味でも急な出費の際に便利ですし、毎月の返済額が低く抑えられるのも嬉しい。当然、その分だけ返済回数が増えていくわけですから、上手く使いこなすことが重要になってきます。

    既に横浜銀行の口座を持っていて普段からお使いになっており、かつ、上記のような返済額が抑えられることのメリット、デメリットを理解出来ている方にオススメ出来ます。


    横浜銀行カードローンの申し込みの流れ

    既に横浜銀行の口座を持っている方でもそうでない方でも基本的な流れは変わりません。

    まずは公式サイトから個人情報、会社情報、借入希望額などを記入して申し込みをします。

    審査結果は最短即日で申込時に指定した電話番号に連絡があります。

    その後、郵送かFAXで本人確認書類のコピーを提出します(運転免許証や健康保険証など)。

    借入限度額が310万円以上の場合は収入証明書も必要です。

    「横浜銀行カードローン」カードが郵送されます。到着次第、各種ATMで利用可能です。

    ネットで借りる場合は、はまぎんマイダイレクトにログインをして、「サービス利用口座」にカードローン口座を指定することで、ネットからの借り入れ申し込みが出来るようになります。

  • お金を借りるためのサービス検索

    • ご職業
    • お持ちの口座
    • 即日キャッシング
    • 金利無料期間