プロミス

お金を借りるなら、まず検討をするのはプロミス。
実質年率 4.5%-17.8%
遅延利率 20.0%(実質年率)
無利息期間 あり (注:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
利用限度額 最高500万円
審査時間 最短即日
申し込み資格
  • 20 - 69歳
  • 保証人 必要なし

    プロミスの知名度はもう今さら言わずもがな。消費者金融を利用したことがある方もない方も1度と言わず、何度も耳にしたことがあるはず。当サイトで行っているインタビューや口コミ情報でも、今まで消費者金融を利用したことがなかった方が初めて利用しようとした際にまず思いつくというご意見が一番多いのがプロミスでした。三井住友フィナンシャルグループであることも安心出来る理由の1つです。

    30日の無利息期間があり(※)、金利も殆どが足並みを揃えている他の消費者金融と比べて低く抑えられているなど、細かい部分にまで知名度に負けないサービス力を見せてくれています。

    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    プロミスは学生や主婦の方でもパートやアルバイトで安定収入があれば借入は可能です。

    プロミスでお金を借りるために必要なもの

    プロミスでは借入契約時に印鑑や保証人は一切必要ありませんが、本人確認が出来る書類が必要になってきます。

    必要書類を用意しなければいけないのは申し込みをして審査が行われた後の段階になります。ウェブで申し込みを完結させたい方、銀行振込でお金を借りることを希望される方は写真を取るかスキャンをしてウェブから送付するか専用アプリを使ってデータを送付します。

    プロミスの必要書類送付(アプリの画面)

    プロミスの店舗や自動契約機にいってから申し込む方であれば、送付をする必要はありません。その代わり出向くときに必要書類を携帯することをお忘れなく。

    また、借入の希望額が50万円を越えるようであれば、別途収入を証明出来る書類(源泉徴収票・確定申告書・給与明細書など)も必要になってきます。必要になるのは上記の本人確認書類のタイミングと同じです。

    もしくは、キャッシングを利用するのが初めてではなく、借入の希望額が他の業者と合わせて100万円を超す場合にも同様に収入を証明出来る書類が必要になります。

    プロミスの瞬フリとは?(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っている方なら24時間ずっと最短10秒で振込可能)

    プロミスは審査が完了していて(カードを保有している状態で)、かつ、三井住友銀行、もしくは、ジャパンネット銀行の口座を持っている方なら24時間、日曜祝日関係なく、申し込んでから最短で10秒で振込が可能というすごいサービスです。※2015年6月現在のことです。詳細はプロミスの公式サイトにてご確認ください。

    (1)会員サービスにログインして(2)口座を登録することで利用出来ます。

    その他の銀行の場合には、三井住友銀行やジャパンネット銀行のようにすぐに振込が可能なのは、平日の午前9時から午後2時50分までなのでご注意ください(瞬フリという名称は三井住友銀行とジャパンネット銀行限定の呼び名です)。

    プロミスへの返済シュミレーション

    プロミスへの返済方法で一番簡単なのは既にお持ちのインターネットバンキングから返済をする方法です。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、みずほ銀行に対応しているので、24時間、土日問わず返済が可能になります。

    もちろんその他、口座振替やATM、コンビニでの返済も可能です。

    フリーキャッシングは借入利率17.8%で返済シュミレーションを立てると以下の通りです(追加返済なしと過程)。


    プロミスで30万円を1年で返済するときのシュミレーション

    • 毎月の返済額:27,475円
    • 初回利息:4,450円
    • 最終回の返済額:27,476円
    • 最終回利息:401円

    プロミスで30万円を2年で返済するときのシュミレーション

    • 毎月の返済額:14,948円
    • 初回利息:4,450円
    • 最終回の返済額:14,942円
    • 最終回利息:218円

    プロミスの利息の計算方法は、借入額(300,000円)✕借入利率(17.8%)÷365日✕30、で計算できます。


    プロミスの申し込みの流れ

    プロミスの公式サイトから個人情報を入力する申込画面へ(借りられるか不安で事前に調べたいという方はサイト内の3秒診断をしてから申し込みへ)。

    プロミスの情報入力

    申込み後、審査は最短30分で行われて融資可能額が決定します。審査が行われるのはAM9時からPM9時までの12時間でそれを越えると審査が行われるのは翌日になります(従って、融資が受けられるのも翌日になります)。

    上記の時間内であれば、審査は最短30分で可能とのことです。

    審査の結果を受け取ったら、その後、メールなどで「正確な」融資可能額が送られてきます。最短で1時間で借入可能なのは大手のプロミスならではで嬉しい。

    ウェブで完結(※対象金融機関は200行以上)をさせたい場合・・・ケータイのカメラ、アプリ、スキャナーなどで本人確認書類を送付し、銀行振込で融資を受ける(この場合、その日の14時までに書類の送付まで済んでいないと銀行の手続きの関係上、振込は翌日に繰り越されるので注意)

    ちなみに、カードの受け取り自体は三井住友銀行のローン契約機でも可能です。

    プロミス・自動契約機で融資を受ける場合・・・即日融資を受けるにはこちらのほうが確実です(下記詳細)。

    プロミスで即日融資を受けたい場合の方法まとめ

    上記の通り、平日の14時までに契約完了していれば振込でも即日借入を受けることが出来ます。ただし平日の14時以降、土日祝日の場合には以下の手順を取らなければ即日融資を受けることは出来ません。

    平日の14時以降・土日祝日でもその日中にキャッシングをしたい場合

    ネット申し込み→審査(最短30分)→審査通過(本審査)→最寄りの自動契約機へ

    本審査後、正確な融資可能額が送られてきたら、必要書類を持って、お近くのプロミス、及び自動契約機に向かい、その場でカード発行および借入が可能になります。

    ※自動契約機が開いているのは通常22時まで(一部21時)なので注意。つまり、プロミスの場合、14時以降−22時までに自動契約機に向かうことで即日借入が可能(審査は完了させている必要あり)。22時以降だったら翌日に持ち越し、ということです。

     

    ウェブでの申し込みの場合、カードや契約書などは郵送で自宅に送付され(融資自体は14時までならその日中に可能)、プロミスに直接向かった場合にはその場で契約書やカードが受け取れる点に注意。

    ウェブのほうが手軽ですが、郵送されるので、ご家族などにバレたくないという場合にはウェブから申し込んだ後に直接向かったほうが良いでしょう(もちろん返送が滞らなければです)。

  • お金を借りるためのサービス検索

    • ご職業
    • お持ちの口座
    • 即日キャッシング
    • 金利無料期間