三井住友銀行カードローン

銀行系カードローンとして尖ったサービスはないものの実績とブランド力なら抜群のメガバンク系カードローン。
実質年率 4.0%-14.5%
遅延利率 19.94%
無利息期間 なし
利用限度額 最高800万円
審査時間 最短30分(借入は審査後、ローン契約機に向かうことで最短即日)
申し込み資格
  • 20 - 65歳
  • 保証人 必要なし

    このカードローンは三井住友銀行が運営しているカードローン。

    ブランド力の高い三井住友銀行のカードローンですから、銀行系カードローンとして特別尖った特徴はないですが、全ての平均値が高いと言えます。大手メガバンクの銀行系カードローンなので、当然無利息期間などはありません。

    20歳以上、65歳未満ならパートやアルバイトの方でも申し込むことが出来ますが、安定した収入があることが条件になります。

    三井住友銀行カードローンの特徴

    三井住友銀行カードローンの特徴は金利の安さと大手の銀行系カードローンなのに即日でお金を借りることが可能なところにあります。

    金利は4.0%-14.5%で銀行系カードローンとしても低く抑えられています(もちろん業界の中で最高に低いというわけではありませんが)。

    即日借入は、振込では不可能(下記後述)ですが、他社と同じようにインターネットから申込み後、三井住友銀行の中や隣に併設されているローン契約機でカードを発行することで可能になります。

    借入を行う際に三井住友銀行の口座を持っている必要はありませんが、持っていない場合は返済方法が振込かATMからの返済に限られてしまいますのでご注意ください。逆に既に三井住友銀行の口座をお持ちなのであれば、インターネットバンキングで借り入れ、口座引落での返済や、オンラインでの利用状況の確認、自動借入、といった各種サービスが利用出来るようになります。

    三井住友銀行カードローンで即日融資を行う方法

    前述の通り、三井住友銀行カードローンは専用のローン契約機で行ったときのみ対応しています。他の消費者金融のように振込サービスは出来ませんのでご注意ください(これは即日融資とか関係なく三井住友銀行カードローンのサービスとして特定の口座への振込融資は存在しない)。

    銀行の営業時間と違って、三井住友銀行のローン契約機は夜の9時まで営業しているのに加えて土日祝日でもカード発行&即日融資が可能になります(事前に審査まで済ませておく必要あり)。

    三井住友銀行カードローンの返済方法

    三井住友銀行カードローンの返済方法は、三井住友銀行の専用ATM、ファミマやサークルK、ニューデイズ、スーパーのライフなどに設置してあるイーネットATM、ローソンのATM、セブン銀行のATMなど各種ATMからの返済、もしくは専用口座への振込(手数料は別途自己負担)が使えます。三井住友銀行の口座を持っている方のみ、口座からの自動引落を利用することが出来ます。

    毎月指定日(5日、15日、25日、月末の中から指定)を選択することが出来ますので、自動引落の方以外はその日までに返済を完了させるようにしましょう。

    三井住友銀行で30万円を12ヶ月で返す際の返済シュミレーション

    • 毎月の返済額・・・27,006円(12ヶ月目は27,009円)
    • 初回利息・・・3,624円
    • 6ヶ月目の利息・・・2,177円
    • 最終回利息・・・322円

    ※利息は全て最低の14.5%計算

    返済額から見る借入可能額

    毎月2万円なら返せる方が12ヶ月で返済するときの借入可能額

    • 借入可能額・・・222,216円
    • 初回利息・・・2,685円

    毎月3万円なら返せる方が12ヶ月で返済するときの借入可能額

    • 借入可能額・・・333,299円
    • 初回利息・・・4,027円

    三井住友銀行カードローンの申し込みの流れ

    三井住友銀行カードローンの公式サイトから申し込み。規約に同意したら、かんたん申込みか通常申込の2択を選択します。

    三井住友銀行カードローンのかんたん申込みと通常申込

    かんたん申込みの場合、入力内容が少ないので多少楽に申し込むことが出来ますが、限度額が30万円に制限され、別途プロミスを運営しているSMBCコンシューマーファイナンスの審査があったりとメリットが少なくなるので、お時間が許すのであれば通常申込のほうが安心出来ます。

    三井住友銀行カードローンの申し込みの流れ

    申し込みが完了したら審査を待ちます。最短30分で審査結果がメールか電話で届くので、その後、カードを受け取るためにローン契約機に向かいましょう(開いている時間は場所によって異なるので事前に確認が必要ですが、多くのローン契約機が21時までです)。

    ローン契約機に行く際には、顔が確認できる本人確認書類(免許証や健康保険証、パスポート、住民基本台帳など)を持って行くことをお忘れなく。借入額が300万円を超えてくる場合には、別途収入が証明出来る書類が必要になります。

    カードの発行が出来たら、その場で借入を行うことが可能です。

  • お金を借りるためのサービス検索

    • ご職業
    • お持ちの口座
    • 即日キャッシング
    • 金利無料期間