おまとめローンのメリットとデメリット

おまとめローンのメリットとデメリット

おまとめローンとは、多数の消費者金融サービス及び銀行系カードローンサービスから借り入れを行っている状態にある方(多重債務者)が、その複数の借り入れ(借金)を1つのサービスにまとめるサービスのこと。

1つのサービスにまとめることは「借り入れを一本化する」と表現されるのが通例です。おまとめローンを利用するか否かは置かれている状況によって人それぞれですが、以下、当サイトが考えるおまとめローンのメリット、デメリットを挙げておきますので参考にしてみてください。

おまとめローンで借り入れを一本化するメリット

おまとめローンは「使い方によっては」メリットが大きくなる借入方法です。

1:まとめることによって返済の管理が楽になる

おまとめローンの一番のメリットはこの管理が楽になることにあります。

大体の消費者金融系キャッシングサービス、銀行系カードローンサービスの支払いが、口座からバラバラと引き落とされると訳がわからなくなったり、ATMから随時返済をするのも借入先が複数だと何度も手続きをしなくてはならず面倒です。加えてクレジットカードのキャッシング枠も利用していた場合、その複雑性はさらに増します。

そこでおまとめローンを利用することによって管理を整理して、返済の見通しを明確にするというメリットがあります。この管理の楽さが一番のメリットでここにメリットを見出だせない方はおまとめローンの申し込みは慎重に行う必要があります。

2:まとめることによって月々の返済額が下がる「かも」

現在使っているサービスの金利が高い場合には、おまとめローンを利用することによって月々の返済額が下がる可能性があります。例えば、金利18%のA社(毎月の返済2万円)、金利17%のB社(毎月の返済1万5000円、金利16%のC社(毎月の返済1万円)から借り入れを行っていて、金利15%のD社が提供するおまとめローンを利用することで、毎月の返済額を4万円に抑えることが出来れば万々歳です。

ただし、いくら月々の返済金額が下がったからといって、月々の返済金額を抑えすぎていては「返済総額が下がるとは限らない」という点には注意しましょう(下記デメリット参照)。

3:完済するまでの期間を短縮出来る「かも」

月々の返済金額をいくらに設定するかによりますが、例えば、現在借り入れを行っているキャッシング、カードローンの完済期間を計算したら、A社24ヶ月、B社12ヶ月、C社18ヶ月だった場合、おまとめローンで借り入れを一本化することで完済期間が20ヶ月程度に抑えられる「可能性が出てきます」。

おまとめローンを利用するメリットとしてよく挙げられることですが、これは「月々の返済金額が下がる」というメリットとはほぼ共存出来ません。月々の返済金額を下げなかった場合のみ、返済期間の短縮に繋がります。


おまとめローンで借り入れを一本化するデメリット

おまとめローンは「使い方によっては」デメリットも出てくる借入方法です。


1:返済金額の総額が増える「かも」

おまとめローンはどんなサービスも「月々の返済金額を減らすこと」を主たる目的として掲げています。

確かに月々の返済金額は減るかもしれません。ですが、それで返済期間が伸びれば伸びるほど、金利利息を支払う期間も延びるので、結果的に返済する「総額」はおまとめ前よりも高くなることが多々あります。

今が良ければ全て良し、と考えがちなのが人間の心理で、おまとめローンはそんな「今」を救うことがメインとなる方法です。上手く活用していきましょう。


2:完済までの期間は長引く「かも」

いくらまとめて、かつ、金利を下げることに成功しても、月々の返済額を下げすぎてしまって、完済までの期間が長引く方が多いです。

上記メリットでも述べましたが、上手く返済計画を立てて毎月の返済金額を下げずにいれば返済期間は短く出来ますが、おまとめローンを利用する方の多くが「月々の負担を減らすことを」を考えているため、基本的に完済までは長引くと考えておいたほうが無難かもしれません。

月々の負担を減らしても、余裕が出来た月には随時返済を活用して完済までの期間を短縮していくことをオススメします。

3:おまとめローンの審査は厳しめ

おまとめローンは通常のキャッシング、カードローンと比べて、審査のハードルは高くなっています。審査基準として職業、収入、他社からの借入額が考慮されるのは同じですが、職業や収入はよりシビアに見られますし、他社からの借入額、利用サービス数は多すぎれば審査には落とされます。

当然、サービスによって基準はまちまちですが、利用サービス数が5社を超えている場合は審査に通るのはかなり厳し目ということを覚悟しておいたほうが良いでしょう。


おまとめローンのメリットとデメリットのまとめ

メリットは、管理が楽になること(1)、それと、月々の返済額を下げるか(2)、完済期間を短くするか(3)を選択するという形になるでしょう。

同時に、それらのメリットはデメリットとも表裏一体です。数ある借入方法の中でもおまとめローンほど「使い方」が重要な方法はありません。

ご自身の中で返済額と返済期間のどちらに重点を置くかをあらかじめ考えた上で利用する必要があります。返済期間が長くなれば支払う金利利息も増えますから、もしも、完済期間を短くすることに重点を置くのであれば、おまとめローンに申し込んでも月々の返済額を下げずに返済管理の楽さというメリットだけを享受しましょう。


  • おすすめサービス

    お金を借りるためのサービス検索

    • ご職業
    • お持ちの口座
    • 即日キャッシング
    • 金利無料期間