給料日前の金欠でお金を借りるパターン

給料日前に金欠に陥った時にキャッシングやカードローンを利用するパターンとその注意点を解説。

ご年齢 30代 ご職業 パート 性別 女性
利用サービス 主にプロミス 借入額 ほぼ毎月給料日前に5万円程度
給料日前の金欠でお金を借りるパターン

給料日前といえば、金欠。そして、食費はもちろん、貯まった公共料金やインターネット料金、ケータイ料金などの請求書の山はまだ払わず終い。あと数日、どうやってやり繰りをしようか・・・。そうだ、キャッシングに頼ろう。

・・・という流れで、給料日前に定期的にキャッシングやカードローンを利用する方は多いです。最も王道のパターンとも言って良いかと思います。

月初や月半ばで節制をして、給料日前でもお金が残っているように出来れば良いのですが、収入や出費というのは月の中である程度決まったサイクルがあります。家賃など減らすのもお金がかかるので難しいですし、収入が突然増えるということは殆どありませんから、突然の出費などで一度狂ってしまったサイクルは元に戻すのは至難の業です。そんなときにキャッシングは調整役として大きな味方になってくれますし、時にこの負のサイクルを元に戻す役割も担ってくれます。

今回は給料日前には必ずキャッシングを利用するというパートで働かれているあかねさんにお話を伺います。

毎月、給料日の5日前にキャッシングを利用していました

管理人

あかねさんはいつも月の決まったタイミングでお金を借りるとのことですが、詳細を教えて頂いても良いですか?

女性

給料日前ですね。いつも金欠でした。うちは夫婦共働きなんですけど、毎月の固定費だけでいっぱいいっぱいです。夫の仕事が代わる前に買った車のローンもありますし。これは今の返済中です。

それで大体、夫の給料日の毎月25日の5日くらい前にプロミスに赴いてキャッシングをするという流れです。

管理人

共働きでも足りないというのはかなり固定費が高そうですね・・・。

女性

高かったですねー。私のパートでの稼ぎも雀の涙ほどだし、家賃もそこそこしていたので。

具体的な話で恥ずかしいんですけど、一応残高が0になったら借りるという感じではなくて、毎月貯金残高が10万円くらいになったら、そこには手を付けたくないので、キャッシングを利用するという感じでしたね。

で、お給料が入ったら出来る限り利息がかからない早いタイミングで返済する感じ。利息は数百円から1000円ちょっとで済むようなタイミングで返済していました。また月末には借りに行ってましたけど・・・。

給料日前のキャッシングを繰り返すことをやめるために・・・

管理人

過去形なのは何故でしょう?何か負のサイクルから抜け出すきっかけがあったんでしょうか?

女性

はい。いつもは5万円くらい借りていました。水道光熱費とケータイ代金とプロバイダー料金とか諸々の出費を賄うようなイメージで。

でもあまりにも毎月、給料日前は決まって苦しかったので、あるとき夫に引っ越しを提案したんです。家賃が高過ぎるので、これさえなんとかなればこの給料日前の金欠はなくなるんじゃないかな、と思って。

管理人

素晴らしい奥様!でも引っ越しってお金かかりますよね?私が話を聞いた人の中にも引っ越しのために初めてキャッシングを利用したような人ってすごく多いです。

女性

そうなんですよねー。だから夫にも最初は反対されました。だけど、このご時世、お給料なんて簡単に上がらないし、ネットとかケータイも必須だし、削れるところは削らないといつまでも生活が変わらないなと思ったんです。

で、あるとき思い立って、いつも私名義で5万円借りていたのですけどパートの私だと借入限度額が少ないので、中小企業の営業ですけど一応正社員だった主人に借りに行ってもらって、30万円を借り入れしてきました。で、それを近所の家賃が安い物件に引っ越しをしました。家賃は3分の2以下になりましたね。

管理人

おー、英断。返済は大変でしたか?

女性

返済に1年ほどかけました。10ヶ月くらいだったかな?でもそれ以降は引っ越しを機にネットの料金とかも見なおしたし、狭くなった分だけ電気代とかも少なくて済んで、出費も落ち着いてきて、今では給料日前にキャッシングを使うこともなくなりました。

いやーよかった(笑)。

管理人

まさにキャッシングを上手く活用したパターンですね!

足りないときは給料日前に借りてすぐに返すことで金利を安く抑えて、毎月のやりくりが苦しいことが続いたら大きく借りて、生活環境を一変させることでキャッシングの連鎖自体から逃れたと。

お見事です!

女性

ありがとうございます。また苦しくなったら借りることもあると思いますけど、なんていうのかな、キャッシングとのうまい付き合い方がわかってきた、と思うので乗り切っていけそうです。

まあ、給料日前に足りなくならない程度にお給料が上がるのが一番ですけどね!

給料日前に借りるのを癖にしないことが肝要

最初に申し上げた通り、給料日前にお金が足りなくなってキャッシングを利用するというのは最も王道のキャッシングとの付き合い方の1つです。給料日3日前に5万円借りて、給料が入ってきてすぐに返せば、利息は100円ほどで抑えられます。

ただ、これが厄介なことに、給料日前に借りると、また来月も給料日前に足りなくなり、その翌月も・・・といった連鎖に陥りやすいです。なので、↑でお話を伺ったあかねさんのように、毎月の固定費を見なおしたり、食費を抑えたりして、どこかでキャッシングを利用しないでもOKな月を作る努力をしましょう。

ただでさえ給料日前にはお金がないのに、急な出費があってまたキャッシングだと辛くなってしまいますから、便利だからといって慣れすぎずに借りない努力を重ねることも大切です。


  • おすすめサービス

    お金を借りるためのサービス検索

    • ご職業
    • お持ちの口座
    • 即日キャッシング
    • 金利無料期間