学生の方がお金を借りる方法

大学生、専門学校生でもキャッシングを利用してお金を借りることは出来るのかについての解説。

学生のお金の借り方

想像以上に出費もかさむ学生時代。学費だけではなく、自由な時間が多い分、サークルやらデートやら旅行や諸々の出費もかさんできますよね・・・。専門学校生も専門的な道具などのモノを揃えるので多くの出費がかかります。そんな学生でも最終手段として、一部の消費者金融やカードローンでお金を借りることは可能です。

しかしながら、キャッシング会社やカードローン会社の立場になってみると、決まった収入がなく実績もない学生さんにお金を貸すというのは、見ず知らずで名前だけしか知らない人にお金を貸すようなものなので、審査に普通のサラリーマンよりも少し通りにくいのは仕方がないことです。

以下、学生でもお金を借りるためのコツや条件を挙げていきますので参考にしてみてください。

アルバイトでもOKなので、定期的な収入は必要

「いきなり高いハードルキタ」と感じているあなた、まずはアルバイトで収入を得ることから考えないと消費者金融やカードローンでお金を借りるのはかなり厳しいです。

返済するアテがない人にお金は貸せませんよね?逆に、アルバイトをしてないのに貸してくれるような業者というのはかなり怪しい(ヤミ金の可能性が高い)のでやめておいたほうが無難です。

まだ働いていないという方はまずはアルバイトをすることから始めましょう。アルバイトさえしていれば、それが定期的な収入として見なされる業者はたくさんあります。

20歳未満の学生は、厳しめ・・・

多くのキャッシングサービスはほとんどが20歳以上という条件が付いています。学生でもアルバイトをしていれば申し込みOKの記述があったとしても、この20歳以上という条件は変わりません。大学生でいうと、高校から現役で入った人でも2-3年生になってから、ということになります。

学生で、かつ、20歳以下で、「親の同意」があれば申し込めるものもありますが、数はとても少ないのと、一般的には親との交渉が大変なのであまりオススメ出来ません。

遊びの費用のためのお金を借りることは出来るの?

上で記述した2つの条件、アルバイトをしていて、かつ、20歳以上である、という条件さえ満たしていれば遊びのための費用(遊興費といいます)も借りることは可能です。例えば旅行に行くための費用なども遊興費の1種です。

キャッシングをする際には本人確認の電話がかかってくる(かかってこないこともありますが)のですが、その際にいくつか簡単な質問をされます。その質問事項の代表的なものが「お金の使い道は?」という目的を尋ねるものです。

まだお金を自由に使った経験が少ない学生さんですから、借りたい金額とその目的の間に明らかな嘘があった場合、審査には通りづらくなってしまいます。また、当たり前ですがギャンブルのための費用という「遊び」のためのお金はほぼ認められませんし、やめておきましょう・・・。

それ以外の正当な理由であれば遊興費として借りることは可能になります。

学生ローンってどうなの?

学生にお金を貸してくれるサービスの代表として学生ローンというものがあります。「学生だけ」のためのキャッシングサービスです。東京の学生街である高田馬場に行くと、これでもかっ、というほど学生ローンの看板が目につきます。

この学生ローンというのは学生専用ならではで金利は低く抑えられていることが多いです。ですが、いくつか懸念点があります。

  1. 大手の消費者金融のように専用のATMや提携ATM(銀行やコンビニなどのもの)が用意されていないので返済に手間がかかる。
  2. よほど実績があるところでないと怪しい所も多い・・・。
  3. 学生ならではの学業に関わる正当な理由以外では貸してくれない。

1と2は似ているのですが、学生ローンというのは小さい業者が行っていることがほとんどなので怪しい所も多いく、また、小さい業者ですから大手消費者金融のように銀行のATMやコンビニのATMと提携することは出来ませんので、返済をする際には銀行振込かお店に行って返済という旧時代的な手段を取る必要があります。

3に関しては、学生ローンというのは学生の学業を助けるためのビジネスとして対外的にも成り立っているので、留学費用などに関しては一般的な消費者金融よりもよほど金利を優遇してくれることもあるのですが、それ以外の理由でお金を貸してくれることは少ない(貸してくれたとしても金利が安いわけではない)ということです。

学生ローンは、これらの特徴を踏まえた上で、利用を検討するようにしましょう。

学生でお金を借りなければいけない方が取るべきおすすめ優先順位

  1. 学生でもアルバイトをしていれば借りることが出来る大手消費者金融で審査を受ける。
  2. もしも1がダメだった場合、学生ローンを頼る。

学生でお金を借りるのは最終手段であるということをお忘れなく

大学生、専門学校生、短大生などを問わず20歳以上で収入があればお金を借りることは可能だということがお分かり頂けたかと思います。ただし、仕送りがあるような学生さんはできるだけその仕送り+アルバイト料金で生活が出来るように工夫するのが基本です。筆者は仕送りなしで死ぬほど働いて極貧生活でやりくりしていましたが今となってはそのときの経験がかなり生きています(といっても学生のうちは金欲しいとしか思っていませんでしたが・・・)。

上記で優先順位として1番に消費者金融を挙げましたが、正確には、(お金が必要な正当な理由があるのであれば)まずは家族や友人を頼る→そしてキチンとお金を返す→それも無理な場合は消費者金融に頼る、という順序になります。

また当たり前ですが、返済はキチンと行っていきましょう。返済が滞ると信用情報機関というところに情報が残りますので、社会人になってからクレジットカードを作る際などに影響する恐れがあります。

参考になりましたら幸いです。

  • おすすめサービス

    お金を借りるためのサービス検索

    • ご職業
    • お持ちの口座
    • 即日キャッシング
    • 金利無料期間