お金を借りることに不安を感じている方へ

お金を借りることに対して不安を抱えていることに対する見解。

お金を借りる不安

キャッシングやカードローンなど、お金を借りることに不安を持っている、という感覚はとても健全なことです。その感覚は大切にしたほうが良いでしょう。

ここではあくまで「お金を借りることに対して不安を感じるのは間違ったことではない」というスタンスに立った上で、巷で言われているような不安を払拭する意見に対する反論、そしてそれらの踏まえた上で、筆者はお金を借りることに対してどういうスタンスで不安と共存しているのか、また、審査に対する不安の解消法についてもまとめます。

巷で言われているキャッシングやカードローンの不安に対する意見

特に初めてキャッシングを利用する方は不安で当たり前です。稀に、お金を借りることに慣れてしまい、「借りれば借りるほどカッコいい」みたいな精神状態に陥る方がいますが、そんなわけはありません。

金利って実はこれだけしかかからないし、ちゃんとした業者で借りればドラマで見るような怖い人が来るような取り立てはこないよ、返済だってこんなに楽だし、利用者もこんなに一杯いるんだよ、といったことだけをダラダラと書き連ねて不安を払拭するようなサイトや雑誌、CMなどはたくさんありますが、これらを踏まえた上でも、「お金を借りることは怖いことだ」という意識をなくすべきではないと考えます。

なぜなら、それらは実際、キャッシングで身を滅ぼした人もいる、という事実を覆い隠しているに過ぎないからです。

それでも私がお金を借りる理由

これらを理解した上でも、常に不安が残りながらも、筆者自身、お金を借りることはやめていません。なぜなら、キャッシングを知らなかった時よりも、知っている今のほうが人生が充実していると実感しているからです。

例えば、キャッシングを知らなかったときは、「今」お金がないという理由で様々なことを諦めて来ました。

お金がなすぎて有人の結婚式にも何かと理由を付けていかなかったし、10代のときからずっと留学をしたかったのに最終的に留学をしたのは30を手前にしたときで色々と遅かったし、大好きだった女の子に何かを買ってあげることも出来ませんでした。

でも、現在は違います。歳を重ねたこともありますが、「今」が一番大切だということを理解しているので、「今」に投資せずにチャンスを逃すという選択肢は筆者の中ではあり得ないことになっています。結果として、「今」とても充実しています。

当たり前ですが、「お金を借りることに対する不安」を忘れてしまったら、返済が追いつかなくなり、チャンスが来てもお金を用意することが出来ず、「今」も苦しくなってしまうので本末転倒です。だからこそ、不安を忘れたらいけないと思うのです。

不安を持ちつつ、バランスさえ取れれば、今に投資をすることが出来る。そのためのツールとして筆者はキャッシングやカードローンを現在でも使っています。

お金を借りる=ギャンブル

怖い、不安、という意識を忘れないために、筆者はお金を借りることはギャンブルだと考えるようにしています。「今」に投資して、「未来」で大きなリターンを得るギャンブルです。ギャンブルですからリターンがあるという保障はありません。

お金がないからという理由で大切な人の結婚式に出席せずにいたら、友情が壊れてしまうリスクが高くなります。それは、とても悲しいですよね。だから、今、お金を借りるという投資をして、未来でその人との関係を続かせる確率を高くするのです。利息よりも大きなリターンが返って来ると信じています。

よく耳にする綺麗事として、「そんなので壊れる友情なんて友情じゃねえ」と上から目線で言ってくる人がいますが、友達も他人ですし、我々は資本主義の中に生きているのですから、お金をケチることで崩壊するのも充分に有り得ることで、友人を責めることは出来ません。

この「お金を借りる=ギャンブル」というのはあくまで筆者の考え方ですのであしからず。「ギャンブルですからリターンは不確定だ」筆者はそう考えると、不安とバランスの良い付き合い方が出来ます。

当然、ギャンブル依存症という言葉があるくらいですから、そのようなスリルがなくては生きていけないという方にはオススメしません。

【番外編】審査に対して不安がある人へ

特に初めてお金を借りる人に多い傾向ですが、審査を受けるということ自体が怖いという方もいらっしゃいます。中にはもしも審査に落ちたら自分を否定されているようで怖いという方もいらっしゃいます。繊細な方であればあるほど、です。

でも、それは不安になるべきポイントを間違えています。

キャッシングサービスに申し込んだという情報は信用情報機関に残ります。しかし、その信用情報機関にアクセス出来るのは、カードローンなどの審査時やクレジットカード審査時のみで、さらに申し込んで審査に落ちたこと自体はマイナス評価にはなりません。申し込みでマイナス評価になるのは、連続して多数のサービスに申し込んだ場合のみです(多重申込)。

ですから、まずは一度申し込んでみて、もしも落ちたら信用情報機関に情報を問い合わせて、冷静に原因を判断する、という手順を取れば、審査を受けることは決して不安に思う必要はありません。

審査なんかに不安を抱えて「今」をムダにすることは勿体無いことだと考えます(今は自動審査が多いですし)。不安を抱えるべきなのは、実際に借りるときのみで良いでしょう。

  • おすすめサービス

    お金を借りるためのサービス検索

    • ご職業
    • お持ちの口座
    • 即日キャッシング
    • 金利無料期間