クレジットカードの料金が払えないからお金を借りる

クレジットカードの支払いの期日が迫っている、だけどお金がないからこのままでは滞納することになってしまう。そんなときにお金を借りて「上手に」乗り越える方法とは?

クレジットカードの料金を支払えないからお金を借りる

クレジットカードの支払いは使ったなら、その翌月くらいには請求が来ます。これは当然のことです。

でも、もし引き落としのタイミングで口座にお金がなかったら、どんな罰則が待っているかご存知でしょうか?最終的に「払わなかったとき」に怖いことが待っているのは当たり前ですが、ここで考えていただきたいのは、支払いが「遅れたとき」にどんな罰則が待っているのか、ということです。

もう月末で明日にはクレジットカードの利用代金が引き落とされる。だけど、今は口座にも手元にもお金がないが、あと少ししたら臨時収入が入るから支払える。

この場面であなたならどんな選択をしますか?以下の2つから選択をしてください。

  • 選択肢A:キャッシングを利用してお金を借りて口座に充填する。
  • 選択肢B:支払いを遅らせて後から支払う。

選択肢Aは口座引落しの期限内に支払うということ。選択肢Bは支払いを遅らせて、電話がかかってきても謝って、後から支払うということ。

結論から申し上げれば、選択肢Bを選んだ方は危険、です。

クレジットカードの支払いが遅れるとどんなペナルティが待っているのか

さて、クレジットカードを引き落とす際に口座にお金がないとき、対応はカード会社によって違います。「優しい会社は」口座にお金が入っていなかったら、振替用紙を郵送してくれたり、数日後に再振替の手続きをしてくれたりします。

再振込のチャンスがあったのならその時点で支払うことが出来ればギリギリOKなのですが、多くのカードの場合、指定の日に口座にお金が入っていなかった場合には振替が出来ず、サポートセンターから連絡が来てこの時点であなたの信用情報に傷が付きます。

支払いの遅れを繰り返せば、利用停止になるのは当たり前なのですが、それは最終段階です。その前の段階である信用情報に傷が付くことの怖さも知りましょう。

信用情報に傷が付くとは?

クレジットカード会社やキャッシング会社は顧客情報を共有化しています。CICなどの外部組織に未払いなどのデータを渡し、審査の際にはそのデータを引き出して参照します。

つまり、あなたがAというクレジットカードの支払いを延滞したら、その情報はBというクレジットカードにも、Cというキャッシング会社にも、Dという住宅ローンサービスにも伝わるということです。

将来的に、新しいクレジットカードを作りにくくなったり、いざというときにキャッシングやカードローンも利用できなくなり、車や住宅、教育系などの各種ローンの審査に落ちやすくなったりしてしまうわけです。

具体的には信用情報というのは支払いがきちんと行えていたら「$マーク」が付くのですが、支払いが遅れると「A」というマークが付きます。これがあると、「信用出来ない人」という烙印を押されたようなものです。信用情報はあなたのケータイ電話番号と紐付けられており、「登録した覚えがない」という方の情報も確実に保存されています。

クレジットカードの支払いはお金を借りても期限内に支払ったほうが良い?

クレジットカードは指定の期日にお金を支払う(引き落とす)という約束事の元にその仕組みが成り立っています。

カード会社のスタッフとして働いていた人間に話を聞くと、「めんどくさい」などといった理由で支払いが滞る人もいるようですが、クレジットカードは支払いが完了するまではお金を「借りている」「立て替えてもらっている」状態です。信用情報に傷が付くという大きなダメージもありますし、支払いは必ず期日に行いましょう。

「お金を借りてでも?」という質問に対しても「はい、お金を借りてでもです」と答えざるを得ません。

「キャッシングを利用することは信用情報を傷つけることにならないの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、キャッシングやカードローンサービスを利用するだけなら信用情報には傷は全く付きません(当然、支払いがキチンと行えればですが)。クレジットカードもキャッシングサービスも仕組みは同じですから。

クレジットカードの支払いが遅れそうなときにおすすめの方法

例えば、

現在は25日。あなたの使っているクレジットカードの支払いは毎月27日。請求額は30万円。あなたの口座に入っているのは10万円。どんなにお金を集めても、12万円くらいにしかならない。給料は月末の30日払い。残念ながら今月のクレジットカード代金は期日に支払えそうもない・・・。

というケースを考えてみましょう。この場合、あなたがすべきことは、給料の前借りを頼めるのであれば頼むか、消費者金融のキャッシング、カードローンサービスに申し込むことです。決して支払いは遅れても良いやーなどと思わないこと。

給料の前借りは現実的ではないとしても、キャッシングサービスには30日無利息のサービスをつけているところもあるのでそのようなサービスを利用すれば良いと思います。

  • 25日〜26日・・・プロミスやアコムなど金利が無利息の期間がある消費者金融で20万円のお金を借りる。そして借りたお金をクレジットカードの口座振替用の口座に入れる。
  • 27日・・・無事にクレジットカード料金の支払い完了。
  • 30日・・・給料が入ってきたら、消費者金融に返済(利息は0)。

これであなたは無事、金利をかけることもなく、信用情報に傷をつけることもなく、クレジットカードの支払いを完了することが出来ました。

実際は、クレジットカードの支払いの他に、家賃や光熱費などの支払いがあるためこのように上記のケースでは給料が余程高くないと借りる額は20万円では済まないかもしれません。その場合でもやはり、期日内に支払うことが優先です。給料から返せない分はインターネットオークションなどを使ってお金を作ったりなどして、30日間の金利が0の期間内に出来る限り返すことで負担を軽く出来ます(当たり前ですが翌月のクレジットカード利用は控えめに^^;)。

支払いが遅れることに慣れてしまっている人に対する対応はどんどんきついものになっていきます。クレジットカードの支払いが遅れることを避けるために大手のキャッシング・カードローンサービスは上手く活用できますのでぜひとも参考にしてみてください。

  • おすすめサービス

    お金を借りるためのサービス検索

    • ご職業
    • お持ちの口座
    • 即日キャッシング
    • 金利無料期間