キャッシングとカードローンの違い

知っているようで知らないキャッシングとカードローンの違い。

キャッシングとカードローンの違い

「ああ、お金が足りない」そう思って借りようと色々と調べてみる。するといくつかの言葉を目にすることになります。

代表的なのが、キャッシングとカードローンという言葉です。

CMなどでも「キャッシングやカードローンなら◯◯」といったように一緒くたにされているケースを多く見かけるけど、言葉が違うのだから、何か違うサービスなはず。だけど、いったい何が違うのだろうか・・・?

どちらもお金を借りられることはなんとなく理解出来るのだけど、

  • それぞれの定義は?
  • そもそもどう違うの?
  • 金利の違いは?
  • 自分にはどちらの方法が合っているの?

といった疑問が沸いてくる。そんな方のために両者の違いをまとめました。

※キャッシングやカードローンは各社毎に使い方が若干異なっています。下記説明は「一般的な」説明であり、詳細は各サービスの詳細を参照してください。

キャッシングって何?

初めての方は、カードローンという言葉との比較で「キャッシングはカードを使わないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、キャッシングもキャッシング用のカードを作り、対応ATMからお金を引き出すのが主流です。

両者の違いはカードを使うのか否かではなく、返済方法にあります。キャッシングは借りた月の翌月に一括で返済するサービスのことを指します。

カードローンって何?

対してカードローンもコンビニ等のATMやキャッシュディスペンサーでお金を借りる方法を指します。つまり両者共、お金を借りるという点で違いはありません。

返済方法はキャッシングが翌月一括払いが主なのに対して、カードローンというサービスの場合、分割払いで支払います。

住宅ローンや車のローンなどを思い浮かべてみてください。実際に住宅ローンを支払っていなくても、宝くじでも当たらない限り一度では返せないということが想像できるのではないでしょうか。

カードローンは、元々あったこの住宅ローンなどの「ローン」という言葉から、ATMなどから融資限度額まで簡単に借りられるように専用カードを発行したものです。そのため、返済方法には分割払いが適応されるものをカードローンと呼ぶことが多くなっています。

カードローンの分割払いとクレジットカードのリボ払いの違い

話は少しずれますが、より理解を深めるためカードローンの分割払いとクレジットカードのリボ払いの違いも見ておきましょう。

分割払いと呼ばれる返済方法と近いカテゴリーに、リボルビング払いという返済方法があります。リボ払いとも呼ばれ、一般的にカードローンの返済方法ではなく、主にクレジットカードの支払い方法として使われます。あらかじめ設定しておき、店頭では一括払いとして処理されるのが特徴。

このリボルビング払いの特徴は、支払いの残高に対して金利が付けられるということ。一見、金利手数料がどんどん減っていて毎月の支払額もカードローンと比べて少ないのでお得感があるかもしれませんが、元金が減りにくく、リボ払いを完済しないうちに次のリボ払いを行うことで雪だるま式に借金が増えてしまう可能性を孕んでいます。

カードローンの分割払いの場合は、(サービスにより内容は異なりますが)一般的に金利はクレジットカードのリボルビング払いより低く(9-13%ほど)設定されています。残高に対して金利がかけられるリボルビング払いと違い、支払い回数を指定して決められた額を支払うため金融会社もリボルビング払いより金利を低く設定していることが多いのです。

支払う金利手数料がどんどん安くなっていくけどデフォルトの金利が高いリボ払いと、金利が一定で(サービスにより異なりますが)支払い回数が指定出来て、デフォルトの金利が安い(安いところを選ぶ必要はあります)カードローンの分割払い。

1回当たりの負担額は大きくなりますが、結果として、クレジットカードのリボルビング払いよりもカードローンの分割払いのほうが金利の支払いが少なく済むケースが多いです。また、選択肢に限りがあるクレジットカードよりもカードローンのほうが「数多くのサービスの中から金利が低いサービスを比較して選択できる」こともメリットです。

リボルビング払い=借金じゃない、カードローンの分割払い=借金、という考えを持っている方が多いのですが、両方共金利がつく借金で、カードローンのほうが金利の返済が少なくて済む可能性が高いという点は覚えておきましょう(もちろんリボルビング払いもすぐに完済してしまえれば便利な支払い方法ではあります)。

実は、両者の言葉の定義に違いはない

実は、ここまで書いておいてこう言うのは気が引けるのですが、上で書いたキャッシングとカードローンの定義はあくまで一般的な定義で、現在ではキャッシングとカードローンという言葉の線引にほとんど意味はありません。なぜならキャッシングという言葉が使われていて分割払いがあったり、カードローンでも一括払いが出来たりするからです。あくまでサービスを絞り込む参考程度にしかなりません。

カードローンとは住宅ローンなどのサービスを元になったサービスのため分割払いと定義されることが多いですが、現代は少額の融資が求められており、両者のサービスはどんどん近付いてきています。

なので、キャッシング、カードローンという言葉の定義よりも「返済方法の違い」で選ぶのが大切になってきます。

金利が安いのはどっち?

金利は「翌月一括払い」(キャッシング)のほうが高く、「分割払い」(カードローン)のほうが低く設定されています(アコムのように30日間は金利0円のところもあります)。

ただし、金利の支払いの総額では「翌月一括払い」(キャッシング)のほうが低くなります。

翌月一括払い(キャッシング)or分割払い(カードローン)、あなたに合った方法はどっち?

両者はどちらが優れていると一概に言えるものではなく、あなたに合った方を選びましょう。

翌月一括払いのメリット・デメリット

翌月一括払いはメリットは金利が高く設定されているが翌月には返済が完了しているため急な出費に対応する際に最適。毎月ギリギリの方は分割払いのほうが余裕を持って返済できる。

分割払いのメリット・デメリット

分割払いは毎月の支払いを少なく抑えることが出来るため、余裕を持って返済をすることが出来る。ただし、金利の支払いの総額は一括払いよりも多くなってしまう点に注意が必要。

もしあなたがサラリーマンで毎月の収入の見込みがあって、今月たまたま急な出費があってお金が必要になったが翌月には返済できる場合には「分割払い」(カードローン)よりも「翌月一括払い」(キャッシング)を選択するのが正解です。

最後に・・・

以上、キャッシングとカードローンの違いについて見てきました。たぶんここをご覧になっている方は言葉の定義を大切にする方だと思うのですが、言葉の印象で選択すると思わぬミスをおかしたり、損をしてしまう可能性があります。

「言葉の定義」よりも「返済方法」に注目すべきだということをお忘れなく。

  • おすすめサービス

    お金を借りるためのサービス検索

    • ご職業
    • お持ちの口座
    • 即日キャッシング
    • 金利無料期間